草食系投資で1億円!!

独立系FP(1級・CFP)による、日々の相場の動きに一喜一憂することなく、インカムゲインをメインとした草食系投資で資産を増やしていくことを主眼にしたブログです。



 前回の記事は3月22日ということで、1カ月以上更新していませんでしたが、株式相場の当面の底が3月16~19日ぐらいだったこともありポジションにはほとんど変化がありません。

 でもゴールデンウイークで日本市場が休みであることに加えて、緊急事態宣言下での外出自粛でやることがないので、現時点での運用状況を確認してみたいと思います。

NISA口座はボロボロ

 まずNISA口座ですが、配当利回り6%で買っている日本株が2019年、2020年枠合わせて2,113,100円ありますが、含み損が337,200円、率にして約16%のマイナスです(これまで受け取った配当は除く)。

 配当が変わらなければ2年8カ月でトントンですが、配当は一旦減るないし0になりそうなので、景気が底を打って株価が戻って来るのを気長に待つしかなさそうです。

  

個別株は今の時点ではプラス

 一方個別株はNISAの枠を使い切った後に購入していますので、より配当利回りの高い位置(株価の低い位置)で買っており、現時点ではトータルでプラスになっています。

 金額的には2,467,100円分の購入に対しての含み益が186,480円、率にして7.56%のプラスです。

  このまま株価が持ち直していけばいいですが、さらなる下落に見舞われた場合は含み益が飛び含み損になりますが、めげずに更に下で拾っていきたいと思います。

  

積み立て系はちょっとマイナス

 iDeCoの元本保証されていない分の金融資産は372,756円分の購入に対して13,989円の含み損、率にして3.75%のマイナスです。iDeCoの場合は相場が下がった時に動員する元本保証されている資金がプールしてあるので、時間をかけて下がって時間をかけて上がってくれれば資金が有効活用できてありがたいです。

 つみたてnisa(妻の分)は一旦売っているので、つみたて額が90,000円しかないのですが、含み益が1,730円、率にして1.92%です。こちらは額が少ないのであまり気にする必要はなさそうです。

 ということで今の時点ではトータルマイナスですが、そこまで気にすることはない状況です。  



金融・投資ランキング

 先週末、週をまたぐことなく107.98円で米ドル円のポジションを全て売ってしまったので、今週の米ドル高の恩恵は全然受けられませんでした

今は実需により米ドルが買われていますが、今回のコロナショックが落ち着けば、米ドル高も落ち着くかな、と見ています。

 私はこれまで、米ドルの金利が先進国通貨の中では高く、値動きもそれほど激しくなかったため、米ドル円でのスワップ投資をしてきましたが、米ドルも実質0金利となってしまった今となっては続けていく必要もありません。

ですので世界情勢が落ち着いて先進国の金利が上がって来るまではスワップ投資はやめます。FXによる投資は余程円高が進む等があれば、将来の円安を見越してポジションを作ることもあるかもしれませんが、現時点では全くの白紙状態で、FX口座の資金も全て引き上げてしまいました。

今年の収支は+194,000円程と税金のかからない範囲にとどまっているので、その意味からも丁度いいタイミングだと思います。


金融・投資ランキング

 14日の土曜日18時より安倍首相が会見を開きましたが、具体的な経済対策が表明されることなく終わってしまいました。諸外国に比べて日本国政府の対応の遅さがまたも浮き彫りになったことで、週明けのマーケットはさらに下げていくのでは?という懸念をしてしまいます。

 先週の下げで私個人としては、配当利回り6%ラインで指値をしていた(4188)三菱ケミカル、(7270)SUBARU、(5020)JXTG、(8316)三井住友フィナンシャルグループ、(6301)コマツ、(4502)武田薬品工業、(8058)三菱商事、(8306)三菱UFJフィナンシャルグループが約定しました。

さらに配当利回り7%ラインで(7751)キヤノン、(4188)三菱ケミカル、(7270)SUBARU、8%ラインで(2914)JTが約定しました。

今後もまだまだ株価は下げるでしょうし、配当も減るかもしれませんが5年後・10年後に笑えるようにコツコツと拾っていきたいと思います。



金融・投資ランキング

このページのトップヘ